マエストロFXの手法

マエストロFXで学べる手法はどのようなものでしょうか。

 

相場は生き物だ、と言われており、常に変化して進化するものだと佐野さんは言います。
投資家や経営者の方たちが常に変化し続けることの大事さを言う気がします。
一つの成功法則や戦略に頼っているとマーケットなどの戦場からすぐに退場になってしまいます。

 

 

マエストロFXは裁量トレードの手法を教えてくれる教材です。

 

裁量トレードは、売り買いのタイミングを自分の知識と経験に基づいて判断するため、相場の状況に応じて取引ができますが、反面、冷静な判断が難しくなり、大幅に損失を重ねてしまうケースもあります。
テクニカル分析もテクニカル指標を見て売り買いの判断をするため、裁量トレードと位置付けられますが、最近はシステムライクな裁量手法も流行っているようですね。

 

システムトレードは売買ロジックが決まっているため、自分で判断するストレスはありませんし、熱くなりすぎて冷静な判断ができなくなる、ということもありません。
ですが、相場の状況に応じて判断することができないため、例えば利益を大幅に取れそうな場合であっても取り損ねる、ということはあり得ます。
また、相場は刻一刻と変化するものですので、ロジックも一つで良いということはなく、常に見直したり、チューニングをしていく必要があります。

 

 

例えばサブプライム問題やリーマンショックなど、相場が荒れに荒れることがあります。
ここでは生半可な知識では一発退場ですし、システムトレードで乗り切ろうとしても自分で決裁したりするシーンがあったりすると、システムトレードでも完全ではない、(当たり前ですが、、、)と実感するところがあります。

 

そういう意味では常に冷静に相場を見ることができ、判断することができる確実な実力を身に着けておいた方が安全だ、ということになりますが、果たしてそう上手くいくのでしょうか。
確かにそのような実力があれば、チャンスを捉えられますし、前もってリスクも避けられます。
ある手法がある局面で勝っていても、違う局面で逆転してしまうこともある相場で、自分で勝ち残れる実力をつけることは、安定した勝ちを取り続けるためには最高の方法になると思います。

 

 

マエストロFXでは、どういった局面で何をどう使うか、を映像で細かく解説してくれるそうです。

 

 

 

 

マエストロFXの公式ページはこちら